縫製技術者という職人

オーダーメイドという特別な製品作りを支えてきたのは、常に職人たちの技術でした。その高度な技術は、長きにわたる修練によって守られてきたのです。ここではそんな職人の中から、洋服のオーダーメイドに必要な職人、「縫製技術者」について紹介していきます。

縫製技術者とは

「縫製技術者」とは、パターン(型紙)をもとに、洋服を実際に縫製し、作り上げる職人のことです。つまり、与えられた情報を実際に具現化する役割ということです。いくら正確な情報があっても、縫製技術者がそれを再現することができなければ意味をなさないので、彼らが持つ技術が洋服作りにとって大変重要な部分を占める、ということになります。また、現在では専門化され、袖の部分、襟の部分というように、縫製技術者の担当が分けられている場合もあります。